月別アーカイブ: 2019年4月

お金を借りる前に注意しなければならない事

限度額の把握

どんなローンでもそうですが、限度額という概念が存在します。この限度額について知っているのとそうでないのとでは、ローンの正しい利用ができるか否か、全く異なってくるのです。

同じローンを利用するのであれば、きちんと限度額について正しく把握した上で利用したいのは、言うまでもありません。では、ローンの限度額ですが、どのように把握するのが良いでしょうか。

これについては、実際にローンに申し込む前に把握しておきたいところです。どんな類のローンでも、申し込みの段階で限度額が定まっていますが、この限度額を前もって確認しておくのです。

ローンによっては比較的限度額が高いものもあれば、そうでないものもあります。例えばですが、消費者金融のローンという点では同じでも、A社でが限度額が30万円なのに対して、B社では20万円、C社では50万円ということもあります。

このように、金融機関によって限度額が全く異なってくるのが実情なのです。そして、同じ限度額でも、返済能力はローンを利用する個人によって全く異なってきます。

例えばですが、月に5万円の返済が可能な方もいれば、月に1万円の返済でやっと何とかなるという方も居るのです。収入の量が人によって違うのですから、返済能力が異なるのは、当然起きる事象なのです。

このように、様々な視点から限度額について知っておくことが、実際のローンの利用では非常に大切になるのです。これでこそ、正しいローン利用に繋がっていきます。

計画を立ててからの利用

ローンを利用する際は、利用目的を明確にすることは非常に大切です。しかし、単に利用目的だけを考えても、それだけでは物足りないのです。

利用目的のみならず、計画もローンを利用する際には非常に大切な要素です。では、計画を立てた上での利用とは、一体どんなものなのかについて見てみましょう。

ここでいう計画とは、返済計画のことを言います。この返済計画は、いくらのローンを組んで、そのローンをどのタイミングでどれぐらいの割合で返済をしていくかという計画のことを言うのです。

同時に、どのタイミングで完済をするのかについても、計画を立てる段階で決めておくのです。これがきちんとわかっていることが前提でローンを利用すれば、単に漫然とローンを返済するのではなく、いつまでにいくらの返済をしていかないといけないのか、頭の中で自分なりにイメージができるようになります。

このイメージができれば、返済のめどを立てることができるし、途中で途方に暮れるようなことはありません。計画を立てる際は、決して無理をするのは良くありません。

もし返済に無理があると、生活そのものがきつくなってしまうことになり、良くありません。また、もし返済の計画を自分で上手く立てることができないようであれば、無理して自分一人で立てるようなことをする必要はありません。

それよりも、金融機関のスタッフと一緒に返済計画を立てていく方が、先のことが見えてくるし、自分で悩む必要がないので、その分無駄な負担がなくなります。

自分に合ったローン商品の有無

どんなローン商品を求めているのかについては、ローン商品に申し込みたいと思っている本人のニーズによって異なってきます。

100人中100人が、同じ商品を希望しているということは、まずありません。このことを考えると、ローンに申込する側としては、自分に合った商品とは何かについて知り、あくまでも自分の心と相談することが大切になるのです。

例えば、家を購入するなら住宅ローン・車ならマイカーローン・バイクならバイクローン(https://xn--eckwa1h4e4a5c8042ckgua.jp/)、といった感じですね。

では、自分に合った商品をどのように見つけてローン会社を選べば良いのかについて見てみましょう。

この時に絶対にやってはいけないことがあります。それは、他人のニーズと自分のニーズを比べてしまうことです。そもそもの話、先述した通り、ローンの利用目的などは、人によってまちまちなのです。

そして、どの商品ならば正解でどれが不正解ということもないのです。どの商品でも、自分のニーズに合っていて、正しく利用すれば正解なのです。このことを考えると、他人と比べることや、他人がある特定のローン商品に申し込むから自分も申し込むと考えることも、意味がないのです。

では、自分のニーズに合った商品については、どのように確認すると良いでしょうか。まず、金融機関の担当者に、自分はこういうローン商品に申し込みたいという希望を伝えることです。

この時に、できるだけ詳細の情報を伝えることです。そうすれば、その希望に合致した商品をスタッフが提案してくださるのです。もし希望に合う商品がないようであれば、他の金融機関に当たってみるのが良いのです。

金融機関の雰囲気

ローン会社を選ぶにあたって、金融機関の雰囲気をチェックすることは、欠かすことができません。金利などに比べれば、そこまで大切でないように見えるかもしれませんが、実は雰囲気も外すことのできないポイントなのです。

ここでは、金融機関の雰囲気に関して、どのように選べば良いのかについて見てみることにしましょう。金融機関の雰囲気については、チェックするべきポイントがいくつかあります。例えばですが、スタッフの言葉遣いです。

この言葉遣いは、ビジネス上相応しい敬語が使われているかとか、お客様に対してのホスピタリティがどうであるかなどといったことを言います。

これらの点がきちんとできているか否かだけで、お客様にとって快適に感じるかどうかが異なってくるのが事実なのです。もしこのような基本的な項目が出来ていなければ、その金融機関は避けた方が良いでしょう。

今後ローンを末永く利用していく上で、不愉快な思いをすることになるからです。次に、お店全体の雰囲気についてチェックしてみます。利用するローン会社の雰囲気としては、当然明るい方が良いのは、言うまでもないことです。

明るい雰囲気であれば、それだけで好感を持つことができるのです。また、明るいだけでなく、スタッフがテキパキと業務に取り組んでいる印象があれば、それも良いでしょう。

業務に真摯であるということは、それだけで信頼に値するものなのです。このように、金融機関の雰囲気は、非常に大切なのです。

北欧家具※安い・おしゃれな北欧家具通販ショップを見つけたよ

北欧家具は、スウェーデン・デンマーク・フィンランド・ノルウェーなどヨーロッパの北欧国で生まれた、シンプルですっきりとしたデザインが特徴の家具です。

飽きのこないシンプルなデザインなんだけど、機能的で長く愛用できるように作られていますよね。

ここ数年、日本での人気も高く、どこの家具屋さんに行っても北欧スタイルの家具が並んでいますね。私も、部屋のインテリアに北欧テイストの家具を取入れているんですが、「おしゃれな部屋だね!」ってよく褒められます(^^)/

木のテーブルや、落ち着いたカラーのソファーなど、北欧家具はお洒落なものばかり揃っているので、インテリアが苦手…という方にもお勧めですよ。

でもどこで買えばいいのか?これが一番のポイントですよね。最近はどこの家具屋さんでも北欧家具の購入をする事が出来るとは思いますが、やっぱり出来る事なら少しでも安い値段で購入したいですよね。

私の場合は、一人暮らしなので「安く・おしゃれに」というのをテーマに家具を購入するようにしていますよ。

「安い・おしゃれ」と言っても、簡単に見つけるのは難しいと思いますが、私はいくつかお勧めの家具ショップを知っています。それは、家具の通販ショップです。

ネット通販を嫌う方も多くいると思いますが、やっぱり値段は圧倒的にネット購入の方が安いです。それに、最近は家具もネット購入が主流となっているので、デザイン・質ともにしっかりとしている物が増えてきているのでお勧めですよ(*^^)v

どうしても店舗で家具、特に北欧家具などを探す場合は値段が高くなってしまいがちなんですが、ネット通販なた安い値段でおしゃれな家具を購入する事が出来ますよ。

それに、商品も豊富に取り扱っているので、お気に入りの家具が探しやすいですよ(‘ω’)ノ

本棚を探す場合はこちらへ・・・https://www.morinosanpo.jp/